生徒Hさんの例

生徒演奏1
Isn't she lovely

 

受講歴 2年

 

初回レッスン時の印象

すでにコピーバンドを組んでおり、基本的なコードやテクニックは持っていました

 

レッスンでやってきたこと

右手、左手のフォームの確認

ペンタトニック

ブルース

モチーフ展

トライアドなど

 

今後の課題

今年社会人一年目なので、しばらくは新しいテクニックや知識を増やすのではなく

今のテクニックを活用して、レパートリーを増やしていきたいと考えています


生徒Eさんの例

生徒演奏2

 

All the things you are/BPMー200

 

ギター歴10年ほど

受講歴1年4ヶ月ほど

 

初回時レッスンの印象

テクニックがしっかりされていて非常に感の良い人だと感じました

 

改善点は

タイムがかなり速くなる癖があるので、その矯正と演奏に休符、譜割の変化、音域の変化などで対比をつけることをすれば、当時のテクニックや知識でも格段に良くなると感じました

 

やってきたこと

モチーフ展開

ペース配分の矯正

リズム練習

トライアド

7thコードarp

9thを含んだ代理コードを使ったソロ

オルタードテンションを使ったソロ

ドロップ2

コンピングパターン

各モードに対して使えるトライアド、arp、ペンタトニック等

 

今後の課題

レイドバック等タイム感の強化

Duoで成り立つ演奏

ペース配分を意識

スーパーインポーズを増やす


生徒Oさんの例

生徒演奏3

Blue bossa/BPMー140

 

受講歴 約2年

 

初回レッスン時の印象

耳が良く、自分で覚えたリックを繋いで演奏できていました

落ち着いて演奏できていてタイムも安定していました

 

改善点

自分が弾いているものがなんなのかを知って、そこから組み替えたり、音を削ったりして自由度を上げる

 

やってきたこと

トライアドにかなり時間をかけました

7thコードarp、オルタードテンションの使い方

9thを含んだ代理コードを使ったソロ

 

今後の課題

今できるテクニックを他のポジションでもできるようにする!

オルタード系のフレーズの可能性を増やす

現在tritone subsutitutionを使ったソロ